2009年02月09日

TRPG製作会社の旅・第2回ですよー。

dice_ani_01.gif
今日もあなたの人生クリティカル★
こんばんわ、だいすです。


忘れた頃にやってくる企画モノです(笑)
そこ、ネタが無いとか言わない。

そんな訳で、今回は【スザクゲームズ】さんの御紹介。
sgi_b_na.gif

スザクゲームズは、ゲームデザイナー朱鷺田祐介さん主催のゲーム会社です。
「自分の作品を効率よく製作・販売するために設立した」との事。

朱鷺田祐介さんがデザインされたTRPG作品は「スザクゲームズ製作」で統一されており、
業務提携があった2000年以降は、アトリエサードさんが販売業務を行っているみたいです。

ではでは、そんなスザクゲームズさんの代表作を見てみましょう。


【深淵第1版・第2版】
幻想や運命という概念を特に強調し表現した、剣と魔法のファンタジーRPG。
サプリメントも数多く出版されています。
発動させようとする呪文の効果が大きい程、発動までの時間と手間がかかり反動も比例して大きくなる等、
他のRPGでは中々見られないシステムが搭載されている他、行動達成時の追加・武器や魔法のダメージ等に
使用される「運命カード」が大きな特徴としてあげられます。

【上海退魔行 新撰組異聞】
19世紀末期のアジアの魔都「上海」を舞台にした歴史活劇TRPG。
上海には19世紀を生きた歴史的有名人が様々な理由で集っており、現実ではありえない
「世界史の偉人達のクロスオーバー」という部分が一番の売りとなっているゲームです。

【真・女神転生RPG関連】
「女神転生」を原作にしたTRPGで、「現代伝奇アクション」のジャンルを開拓した人気シリーズです。
「覚醒篇「魔都東京200X」「真・女神転生III―NOCTURNE TRPG〜東京受胎〜」「業魔殿(覚醒編サプリメント)」
以上の4点が主な作品としてあげられています。

【パラダイス・フリートRPG】
地球すら忘れ去られた遥か5600年後の未来宇宙が舞台のコミカルSFRPG。コミカルとはいえ、
武装やサイバーウェアはデッドリーなものを含んでいる為、ハードな軍事陰謀シナリオ等も出来る。
サイコロではなくトランプを用いる、大貧民を応用した簡単なルールでの行為判定が斬新ですね。

【ブルーローズ】
21世紀初頭の地球を舞台に、超古代文明のオーパーツの争奪戦を描いた現代アクションTRPG。
現実に存在する兵器や車種のデータが豊富で、それを運用するための銃撃戦やカーチェイスのルールが
詳細に記されている事から、ガンドッグが発売されるまでの間「ガンアクションTRPG」としても注目されていました。

【クトゥルフ神話TRPG 比叡山炎上】
戦国時代の日本を舞台にするための追加ルール及び設定資料集。
基本ルールブックがなくてもこれ一冊で最低限のプレイが出来る「独立型サプリメント」で、
「Ninjya Cthulhu」のタイトルで英訳される予定になっているそうな。


さて、著者兼スザクゲームズ代表の朱鷺田祐介さんですが、翻訳等にも多く関わっています。
「低予算映画」をモチーフにしたTRPG「It Came From The Late, Late, Late Show」の日本語版販売の他、
2007年には「シャドウラン第4版」の翻訳を手がけ、人気TCG「マジック・ザ・ギャザリング」第4版では、
翻訳チームの一員として活躍なさっていた他、日本で初めて商業誌にルール紹介記事を執筆したりと、
黎明期の日本マジック界を支えた人物の1人としてあげられています。

そんな朱鷺田さんの活動はHP及び、ブログで見ることが出来るので、是非チェックしてみて下さいね♪
posted by AHC at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26556403

この記事へのトラックバック