2011年10月28日

AHCの哲学1

 突然だが、AHCの哲学を語る。
 
 AHCは1つのサークルである。
 実はこれが一番のAHCの特徴だ。
 というのも、同じサークルに所属しているという1つの事実があるからこそ、例えばその辺の道ですれ違うような人間とは違い、ある程度気遣いをしようと思うし、仲良くなろうという意識も生まれる。
 これはお互いに。
 簡単な事だ。
 別のクラスの人間より、別の会社の人間より、同じクラス同じ会社同じ部署に、それが偶然であったとしても必然であったとしても、同じ組織に所属すれば、人間はお互いにお互いを尊重しようとする。
 文字にすればたいそうな事をしているように見えるかもしれないが、こんなのは誰もが当たり前のようにやっていることで、つまりはAHCは「1つのサークル」という建前がまずあるのだから、そこに所属すればみんな仲間であって、そう簡単にお互いを蔑ろにしない関係が自然とすぐに構築されるという事なのである。
 
 そしてAHCは入会するに一切の条件がない。
 敢えて言うとすれば、mixiに入会しておかなければシステム的にAHCに入会できないというだけで、その他は一切何もない。
 いまからmixiに入会し、その足ですぐにAHCのコミュの傘下ボタンをポチっと押すというのでも構わない。
 それだけで十分に今日からキミは我々の仲間なのである。
 
続きを読む
posted by AHC at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | あまおち総統エッセイ